ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

今、医療業界では看護師不足が問題となっています。
しかし実は、看護師免許を持っている人が不足しているのではなく、
看護師として働いている人が不足しているのです。

 

看護師免許を持っていて、看護師として働いていない人(潜在看護師)が
看護師として復帰するだけで、問題となっている看護師不足は解消すると考えられています。

 

しかし看護師の多くが女性で、出産、育児という生活環境の変化によって看護師という職から離れざるを得ない方も多いでしょう。

 

しかし、子どもが大きくなると手が離れ、看護師として復帰しようと考えるママさん看護師も多くなってきました。

 

復帰する上でネックになるのが、知識と技術面です。
現場を離れてしまうと、看護師としての必要な知識を忘れてしまったり、
時代の流れで働いていた頃とは「常識」が変わっていたり・・・。
日進月歩の医療業界では、研究の結果、さまざまな治療法や薬が開発され、
それに伴い、ケアの方法も変わっていることでしょう。

 

ブランクの長さに比例して、これらの知識の習得も大いに必要になります。

 

技術の復習は、復職支援セミナーの実習で実践するしかありませんが、
看護知識は、セミナーを受ける前に復習をしておいた方がスムーズに進むと思います。

 

例えば注射!
看護師さんと言うと、静脈注射や真空管採血、輸血の技術は必須です。
どんなに優しくても、どんなに素敵な看護師さんでも
「あの看護師さんに注射を打たれると痛い!」なんて言われてしまうと
看護師としての評価を落としてしまうかも?

 

看護師になると注射は仕事として当たり前のように行う手技の一つでもありますが、
なぜそのようなことを行うのか、
そのように行う意味はあるのか?
一度は勉強したことだと思いますが、改めて勉強し直してみませんか?

 

 

そんなブランクのある看護師のために看護技術とケア方法をまとめてみましたので、ぜひお役立てくださいね!

 

看護師さんのための復職支援セミナーを探している方も多くなりました。

 


フォレックス・ドットコムを紹介