ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

経腸栄養

経腸栄養とは、食事が摂れない患者さんや、経口では不十分な患者さん対して胃や腸にチューブを挿入し、
そのチューブを介して流動食などの栄養を送り込む経管経腸栄養法のことです。

 

つまり、胃や十二指腸まで栄養を送る経路を作り、その経路に栄養を投与する治療です。

 

経管経腸栄養法には、鼻から胃や十二指腸まで栄養チューブを通して行う経路や、
胃瘻や空腸瘻を増設してカテーテルを通した経路があります。

 

投与期間が短い場合は、経鼻栄養法を行います。
ですが、投与期間が長期になる場合は、胃瘻や腸瘻の増設を検討したり、
術中に造設したりします。

経腸栄養はどのような体位で行うと良いか

経腸栄養を行う時には、胃食道逆流や誤嚥を防止するために
ヘッドアップ90°(座位)、或いは、ヘッドアップ30°以上が良いとされています。
そして、腹部が圧迫されない体位、さらに安定した体位をとることが重要です。

経腸栄養では必ず腹部圧迫を避ける

座位が可能であれば座位で経腸栄養を行いますが、
患者さんの状態に合わせた車椅子を選択することが必要ですし、
枕などの補助具も場合によっては使用し、患者さんに安定したポジションをとってもらう事も大切です。

 

人工呼吸器装着中の患者さんでは、誤嚥を予防するために30〜45°のヘッドアップ
(critical care nutitionでは45°、可能であれば45°以上)を推奨しています。
ですが、褥瘡についてのケアも必要なため、
褥瘡を予防・ズレを防止する観点からヘッドアップ30°以上ではなく30°をきちんと守るという方法が浸透しつつあります。
(30°を必ず守る、30°以下にしない)

 

経腸栄養を行う場合にも、誤嚥予防を行うことは必要です。
ですが、人それぞれの体型や胃の大きさが異なり、病気によっては麻痺があったり、そのほか身体に障害があることもあります。
ですから、座位、あるいはヘッドアップ30°が推奨されていますが、
患者さんそれぞれの状態によって、腹部を圧迫しない安定した体位で経腸栄養を行うことが重要です。

 

例えば、高度の肥満の患者さんですと、上半身を起こせば起こすほど腹部が圧迫される形になる事もあります。
このような場合は、ベッドの傾斜機能を利用して、腹部への圧迫影響がないようにおこないます。

ヘッドアップが難しい患者さんの場合

ヘッドアップが困難な患者さんもいます。
そのような場合には、カテーテルの先端を十二指腸や空腸に置くことで体位の制限が無くなり、
胃食道逆流のリスクが少ないと考えられる
「経鼻的に十二指腸、或いは空腸にチューブを設置する。」
「空腸瘻(経皮内視鏡的空腸瘻、もしくは経胃瘻的空腸カテーテル)を検討する。」などの方法があります。

経管経腸栄養法の投与経路

経鼻栄養法:経鼻胃管、経鼻十二指腸、経鼻空腸PEJ(経皮内視鏡的空腸瘻造設術)
間欠的経管栄養法:OE法(間欠的経管栄養法)、IOE法(間欠的経管栄養法)
経皮経食道瘻:PTEG(経皮経食道胃管挿入管)
胃瘻・胃空腸瘻:PEG(経皮内視鏡的胃瘻造設術)
空腸瘻:PEJ(経皮内視鏡的空腸瘻造設術)