ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

ドレーンからの排液の異常と正常の見分け方

ドレーンのからの排液の異常と正常は、
新鮮血症、混濁、白濁、胆汁様で見分けます。

 

ドレーン排液が正常の場合は、淡血性〜漿液性をしています。

 

ドレーン排液が新鮮血で、2〜3時間以上200ml/時以上の排液が持続している場合や
急激に増加をしている場合は、出血を疑います。

 

また、ドレーン排液に膿がたまっている場合は感染を疑い、
白濁は乳び胸を疑います。

 

食道切除術の後のドレーン排液に泡が混じる場合や
胆汁が混入している場合は、縫合不全を疑います。

 

このように、疾患によって排液の性状が異なります。

 

性状の変化を見逃さないようにケアすることが重要です。

ドレーン排液に出血が疑われる場合

術後の胸腔ドレーンの排液の性状は一般的に淡血性から血漿成分が多い漿液性に変化していきます。

 

ですが、排液の性状が新鮮血で、かつ2〜3時間以上200ml/時以上の排液の持続、
または急激な増加は「出血」を疑い、緊急止血術を必要とする場合が多くあります。

 

この場合は、医師にすぐ報告し、
バイタルサインや呼吸状態、動脈血ガスデータなどを確認します。

ドレーン排液に膿の混入が見られる場合

ドレーン排液に膿の混入が見られる場合は「感染」を疑い、「膿胸」を疑います。

 

膿胸とは、術創や胸膜が炎症を起こし、胸腔内に膿状の膿汁が貯留した状態を言います。

 

感染は、細菌性肺炎や胸腔内手術後の感染によって発症しますが、
原因菌となるのは、ブドウ球菌が最も多く、肺炎球菌やクレブシエラ、グラム陰性捍菌などがあります。

 

この場合は、原因菌に感受性のある抗菌薬を全身投与し、排液治療を目的とした胸腔ドレナージで治療します。

ドレーン排液に白濁がみられる場合

ドレーン排液が白濁してきたら「乳び胸」を疑います。

 

乳び胸とは、胸管から漏出た「乳び:腸管からの脂肪球を含むリンパ球」が
胸膜を破って胸腔内に流入し、たまってしまっている状態です。
呼吸困難を伴います。

 

2週間以上乳びが流出していたり、一日あたり1500ml以上の流出が5日間持続する場合は、
胸管結紮術を行います。

縫合不全が疑われる場合

食道切除後の胸腔ドレナージで、ドレーン排液に泡が混じったり、
胆汁が混ざったりしている場合に、縫合不全を疑います。

 

通常、頚部食道胃管吻合の場合は、縫合不全は頸部創からドレナージされることが多いですが、
胸腔にあふれ出る場合もあります。
一般的に術後、5〜7日頃におきやすいのですが、
胸腔と言う広い部位に炎症が広がり、全身状態が急激に悪化することがあります。

 

縫合不全の初期は膿汁のドレナージと感染のコントロールの治療・ケアが必要です。
特に食道切除後の縫合不全の発生頻度や、
縫合不全の治療経過に影響するといわれているのは、口腔ケアです。

ドレーンのインフォメーションとしての役割

ドレーンは、インフォメーションとしての役割を果たしています。

 

ドレーンの排液の液状を観察することによって胸腔内で起きている病状を推察することができます。
つまり、外側から見えないからだの中の状態を知ることが出来るのです。

 

ですが、ドレーンが詰まっていたり、抜けていたりすると、
ドレーンからの排液と言うインフォメーションが断たれます。
ですから、異常が起きた時に即座に気付くことができず対応が遅れることがあります。

 

対応が遅れると、危険を伴う事もあるため、
ドレーンの管理は、以下のことに気をつけて行います。

 

  • ドレーンが曲がっていないか、抜けていないか、圧迫されていないか、血塊などで閉塞していないかを常に確認する。
  • 胸腔ドレーン排液の性状に粘度があり、ドレーンがつまりそうな場合は、ミルキングを行います。
  • 呼吸性移動やドレーン排液量の増減を常に確認する。
  • バイタルサインの変動に注意する。