ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

気管挿管中の吸引

気管挿管中の患者さんに吸引を行う際は、口腔内、管内、カフと吸引します。
吸引する順番は、どの順序が良いのかは明らかにされていませんが、
口腔内やカフ上部に液体が貯留しすぎないようにすることが大切です。

液体貯留を防ぐことが重要

気管挿管チューブのカフは、チューブを気管に密着させることにより空気漏れを防ぎ、
人工呼吸器によって送られた陽圧の呼気を肺に送り込むために気管挿管チューブについているものです。

 

このカフにたまっている液体は、
どのようなときでもカフ以下に垂れ込む可能性があるので、
吸引をするときには、
カフ上部の分泌物や排液などがカフの皺を通じて気管以下に垂れ込むことを
最小限にするために口腔内やカフ上部を優先的に吸引した方が良いという意見もあります。

 

ですが、カフの皺(シワ)を通じての「垂れ込み」は、実験研究で示されていて、
吸引を行わなくてもカフ上部の排液が垂れ込んでいます。

 

ですから、吸引を先に行う、後でも良いということではなくて、
口腔内やカフ上部に液体が貯留しすぎないように吸引援助することが必要です。

患者さんの様子を見る

口腔内やカフ上部の吸引を行った後、気管吸引を行う医療従事者が多いようです。
ですが、患者さんの状態によっては気管吸引を先に行った方が良い場合もあります。
どの部分を優先的に行うかはケースバイケースな部分があるので、
患者さんの様子・状態をみることが大切です。
患者さんと意思疎通を図れるような鎮静レベルまでコントロールできていれば、
カフ上部からの垂れ込みがあれば咳嗽が起きますので、誤嚥を予防することができます。