ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

排尿について

 

膀胱留置カテーテルとは、
膀胱より尿を排泄させるために尿道から膀胱にカテーテルを挿入し、
留置しておく処置です。

 

水分出納の一時的管理が必要な時(術後・重症・末期がん患者さんなど)や、
自力で排尿ができない時、重度の尿路通過障害がある場合(前立腺肥大症、尿道狭窄など)、
尿閉による水腎症や腎機能低下がある場合(神経陰性膀胱など)、
術後の合併症の予防管理を目的に膀胱留置カテーテルを行いますが、
長期にわたって留置すると尿路感染症や尿道損傷のリスクも高まりますし、
自力で排尿ができた人が出来なくなったりする可能性もあります。
患者さんの状態にあわせ、必要な場合のみ行うことを検討します。

膀胱留置カテーテル

膀胱留置カテーテルを入れて尿がでているにもかかわらず、
患者さんが尿意を訴えることが多いです。

 

これは、カテーテルを挿入することによって膀胱や尿道が刺激されていたり、
尿路感染や腫瘍によって膀胱が過活動性になっていることが考えられます。
このような状態の時は、留置カテーテルが挿入されていても尿意を訴えることが多いため、
患者さんの状態を把握してケアすることが必要です。

 

尿意を訴える原因
尿意とは「排尿したい」と言う間隔のことです。

 

膀胱の中に尿がたまると、膀胱内圧が上がり、神経が刺激されて尿意を感じます。
そして、尿意は、継続的に強くなったり弱くなったりしながら徐々に強くなります。
カテーテルを留置することによって起きる尿意は、
カテーテルによって膀胱や尿道が刺激されたり、過活動膀胱によって感じます。

膀胱尿道カテーテルケアについて
@観察する内容

 

膀胱尿道カテーテルを実施した時には、
尿の性状(色、血尿、血塊)やにおい(刺激臭があるかどうか)、
混濁していないかどうか(膿尿、浮遊物、結石があるかどうか)、
流出量(尿流の状態、発熱や腹部不快感などの全身の状態)を観察します。

 

 

Aカテーテルの固定位置の変更

 

カテーテルの固定が不十分な場合、カテーテルと粘膜との間で摩擦が生じます。
すると尿意に繋がるので、固定位置を変更したり、引っ張られたりしないように、
余裕を持って固定します。

 

Bカテーテルは低刺激性のものを選択

 

カテーテルには、ゴム、ビニール、シリコンなど色々な素材のものがありますし、
様々な太さのものがあります。

 

カテーテル留置中に尿意を感じ続けているのは患者さんにとって苦痛です。
ですから、なるべく低刺激のものを使用するようにします。

 

一般的に成人では14〜16Fr、小児の場合は8〜10Frを使用することが多いです。
尿の流出が良好に維持できる最小サイズのカテーテルを選択することが重要です。
(刺激の少ないカテーテルの種類)

 

・親水性コーティングラテックス製
シリコンなどの疎水性に比べて膀胱や尿道粘膜への刺激が最も少なく、
細菌などの付着に対し抵抗性があるカテーテルです。

 

・シルバー親水性コーティングラテックス製
カテーテル表面の摩擦を抑えることができ、尿道粘膜への刺激が最も少ないカテーテルです。
塩類などの沈着物や、感染尿に起因する結晶物が多い場合に選択します。
金属銀の抗菌作用で細菌の増殖を抑える特徴があります。

 

・シリコン製
膀胱や尿道粘膜への刺激が少なく、沈着物が多いときに選択するカテーテルです。
大きい内腔と強いコシがあるのが特徴で、結石などを形成する可能性は低いです。

 

 

このようにカテーテルには、様々な材質やサイズがあります。
患者さんの年齢や病態によって使い分け、患者さんの苦痛を少しでも和らげることが大切です。

 

 

C尿路感染予防

 

長期間のカテーテル留置は、感染などのリスクを伴います。
例えば自力で排尿ができない場合でも、清潔間欠導尿が実施できる場合には、
長期にわたってカテーテルを留置するのではなく、
清潔間欠動尿(間欠式自己導尿)やコンドーム型集尿器の方法を患者さんに指導したり、
膀胱瘻など患者さんの排尿状態やADL(日常生活動作:寝起き、移動、
トイレ、食事、着替えなどの日常生活に必要な最低限の動作)に合わせて検討することが大切です。