ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

真空管採血について

真空管採血が推奨されています。
ですが、感染の危険性がゼロになったわけではありません。
感染のリスクは常に頭に置き、適切な手技を施すことが必要です。

 

真空管採血が推奨されるようになった背景には、
医療従事者の針刺し事故やそれに伴う医療従事者の感染を回避すると言う目的があります。
ですが、真空管採血を行っても感染のリスクがゼロになるということはなく、
患者さんの血管が細かったり脱水などが原因で血管が虚脱している、
大量の採血が必要と言うような時には、真空管採血を行うことができません。
この場合はシリンジ採血が必要になるため、いずれにしても感染リスクは避けられません。

真空管採血の原理とは

真空管採血では、採血管内外の圧力の差を利用して血液を吸引します。
採血血管内の圧力と血管内の圧力が平衡になると採血が終了します。

真空管採血は感染の危険性が減少

真空管採血を行うことによって、採血菅に分注する際の針刺し事故の回避や、
医療従事者が患者さんの血液に汚染されることが回避できるようになりました。

 

ですが、このように採血の時の患者さんからの感染の可能性を回避できるため
真空菅採血が推奨されているのですが、
今度は、真空採血管の使用が患者さんに対する感染の危険性に繋がることが
指摘されるようになりました。

 

2003年に厚生労働省より「真空管採血時の注意点について」の通達があり、
採血管を滅菌して使用するようになり、
2005年には真空管採血時の使用上の注意についての通達が追加されました。

厚生労働省の通達内容と対処について

  • 採血終了時のバックフロー(採血管から体内に血液が逆流する)により、患者さんが感染する危険性がある。

    →現在はディスポーザブル(使い捨て)採血管を使用しています。

  • 採血ホルダーもディスポーサブルにする。

    →採血ホルダーに血液が付着し、それによって生じる感染リスクを避けることができます。
    消毒して使うことも可能ですが、管理方法によっては確実な消毒効果を得ることができない場合も多いため、ディスポーザブルを使用します。

  • 複数の真空採血管に採取する場合は採血管の順番に注意する。

    →血清用プレーン、凝固検査、ヘパリン、EDTA、解糖阻止剤、その他の順で間違えないように行い、採血管内の薬液がほかの採血管内に混入することを予防します。
    薬液によっては、検査の値が変わることがあるため注意します。

  • 真空採血管は室温に戻してから使用する。

    →採血管内が低温状態だと必要以上に陰圧になり、そのまま使用すると溶血の原因になるため、必ず室温に戻してから使用します。

  • アームダウンの姿勢で行う。

    バックフロー(逆流)を予防するため、患者さんにアームダウンの姿勢をとってもらいます。

  • 検体採取が終わってからホルダーを外して駆血帯を外す。

    →体外循環回路、或いは中心静脈からの採血は行わないようにします。
    そして、ホルダーから採血管を外さないまま駆血帯を外すとバックフローが生じますから、ホルダーを先に外します。

現在は、以上のような真空管採血時の手技の周知徹底を図ることで、シリンジ採血と比べて医療従事者と患者さんへの感染の危険性が減少しています。

真空管採血では採血ができない場合とは(シリンジ採血を行う場合)

  • 血管が細い、虚脱している。

    →真空採血管の吸引圧では血管壁にくっつくため血液の採取ができません。

  • 大量の採血が必要。

    →真空採血管7本以上の場合は、採血針のゴムカバーが劣化するため血液汚染の可能性が高くなります。
    そのため、大量採血の場合は、真空採血管は使用できません。

  • 体外循環回路からの採血。
  • 動脈ラインからの採血。

このように採血には感染を予防するための適切な手技が必要ですし、
医療従事者は、スタンダードプリコーション(標準予防策)を徹底することが大切です。