ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

手術後のシャワーや入浴について

手術後のシャワー浴や入浴に関しては、
術後48時間以降に手術創の患者さんそれぞれの状態によって主治医が判断します。
そして、主治医の許可を得て実施します。
温泉に入る場合は、手術創が増殖期を終了して成熟期に入る術後一ヶ月を目安にします。

一次治癒の閉鎖創の場合

術後創には、一次治癒と二次治癒があります。

 

一次治癒は、外科手術後の縫合創など、感染が無い状態で縫合します。
皮膚の欠損が無く、瘢痕も微細でキレイな創傷です。

 

二次治癒は、皮膚欠損が大きい場合や、感染のリスクが高い場合に、
創を縫合できず、創を開放したまま創傷治癒過程を辿るものを言います。
皮膚欠損が大きいため瘢痕も大きくなります。
感染創や褥創にみられる創傷です。

CDC外ドライによる術創管理

一時的に閉鎖した傷は、術後48時間、滅菌したドレッシング剤で被覆します。

 

創被覆剤の交換をしたり、創に触れる場合には手指消毒をしてから行います。

 

被覆剤を交換するときには、無菌的操作を必ず厳守します。

 

早期に患者さんが退院する場合には、創傷感染症の見分け方とその症状の経過を報告する必要性を患者さん本人やその家族に説明しておきます。

 

被覆剤が48時間経ってからも必要かどうか、被覆無しでシャワー浴や入浴を許可する時期については、CDCガイドラインでは勧告がありません。
主治医の判断にゆだねることになります。

 

術創の状態によってシャワー浴・入浴を判断する
手術による創傷の一次治癒の閉鎖創については、

清潔な環境化で縫合され、48時間で上皮細胞が創面を覆うため、
滅菌したドレッシング剤で術後24〜48時間、創傷を覆っておきます。

 

48時間経過した創面の被覆についてのシャワー浴や入浴については
CDCガイドラインでも勧告が無いため、
手術創の状態を主治医が確認し、患者さんそれぞれの状態で判断します。

シャワー浴前の創傷・全身状態の観察
創内部に炎症があり、ドレナージ出来ていない場合は温浴をすると悪化させる可能性が高くなります。

そのため注意が必要です。

 

シャワー浴前には、創部の観察、そして全身状態の観察を十分に行い、
主治医の許可を得た上で実施します。

 

(観察する内容: 発赤、疼痛、熱感、腫脹、滲出液や排膿があるかどうか、発熱の有無、倦怠感の有無など)

術後の温浴と洗浄について

手術後早期に手術創を露出してシャワーをすることに不安を感じる場合もあります。
そのようなときには透明フィルムドレッシング材などの被覆剤で創面を保護する方法もありますが、
シャワー浴をすると被覆剤の下に温湯が入って創面が湿潤します。
創面の湿潤した状態が長く続けば閉鎖された創が浸軟し、
バリア機能が破綻して細菌侵入のリスクが危ぶまれます。

 

ですから、透明フィルムドレッシング剤などの被覆材を使用してシャワー浴などをした場合には、
浴後速やかに被覆材を除去することが必要で、
ドレーンが挿入されている場合は、
ドレーン挿入部からの汚染を防ぐ処置(ドレーン挿入部をフィルムドレッシング材で被覆する)が必要です。

 

手術後初めての温浴は、手術によって体力が低下していることを考慮し、
シャワー浴を選択することが推奨されています。

 

また、手術後間もない時期は、直接創面を洗浄することは避けます。
創面は術後48時間で表面が上皮化し、バリア機能も保持されますが、
創事態は創傷治癒過程の途中を辿っている状態なので、
組織の強さは術後3週間で損傷前の20%、6週間で70%程度です。
ですから、創面を直接洗浄するのは、
抜歯などが終了し、一ヶ月が経過した頃が望ましいとされています。
ただし、清潔を保つため、創周辺の皮膚は通常通りに洗浄します。

術後の温泉入浴について

温泉には、単純泉や重曹泉、鉄泉など含有する成分が異なります。
そして、その成分によって皮膚や創への影響も異なります。

 

温泉に入る場合には、成分や泉質を確認して医師に相談することが必要ですから、
その旨を患者さんにも伝えましょう。

 

温泉に入浴しても良い時期とは、手術創が増殖期を終了して成熟期に入る術後1ヶ月を目途にします。

 

それ以前に入浴したい場合には、温泉の成分から創面を保護するためのフィルムドレッシング材を使用しますが、
温泉には不特定多数の人が利用しますし、術後は免疫力も低下していることが考えられるので、
感染についても十分注意することが必要です。

温泉の種類と皮膚や創への影響について

単純泉
含有成分が一定量に達していません。皮膚に優しく刺激も少ない泉質です。
重曹泉
アルカリ性で皮脂を除去し、皮膚を軟らかくし、汚れを取る効果があります。
硫黄泉
皮膚の角質を溶解します。刺激が強いため、手術後間もない時期の創を露出しての入浴は避けます。
酸性泉
皮膚に強い刺激を与えることがあります。刺激が強いため、手術後間もない時期の創を露出しての入浴は避けます。

※皮膚や創に刺激が強い硫黄泉や酸性泉に入浴した時には、温泉成分を十分に洗い流すことが必要です。