ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

術後の少量の出血

手術後、創部はドレッシング材で被覆しますが、
創部から少量の出血が見られることもあります。

 

その場合、術後48時間以内の少量の出血であれば
浸潤環境を保持するため、そして感染を予防するために
ドレッシング材を剥がさずにそのまま術創を閉鎖します。

 

やむを得ずドレッシング材を剥がす場合には、無菌的操作を尊守して行います。

術後48時間、ドレッシング材を剥がさない理由とは

創閉鎖の種類には3種類(一次治癒・二次治癒・三次治癒)あります。
そして、術後の創傷「術創」は、「一次治癒」に分類されます。

 

一次治癒は48時間で創が閉鎖し、創面が上皮化します。
ですから、少量の出血が認められたとしても術後48時間は
ドレッシング材を剥がさないようにしたほうが良いとされています。

 

創傷治癒の過程は、血液凝固期→炎症期→増殖期→成熟期を辿ります。

 

血液凝固期
損傷に対する応急処置的な反応で、損傷直後に始まりすぐに炎症期へと以降します。
炎症期
治癒を阻害する細菌や遺物を除去するための反応が起き、

サイトカインの誘導によって白血球やマクロファージ、肥満細胞などが集結します。
損傷後から始まり3日間持続します。

増殖期
炎症期の時期に重なって始まります。

繊維芽細胞や内皮細胞が遊走し、マクロファージと一緒に肉芽組織を作ります。

 

このような過程の中で、創部からの出血がみられても、
その出血が少量で増加がみられなければ
血液凝固期から炎症期に移行していると考えられます。

 

そして、この時期の創面は、滲出液による浸潤環境下にあるため、
滲出液には肥満細胞や繊維芽細胞、内皮細胞が集結しています。

 

創傷を治癒へと導くためには、これらの細胞が存在する滲出液によって湿潤環境が保持されることが必要です。

 

このようなことから、48時間は術創を閉鎖したほうが良いと言われ、
少量の出血であればドレッシング材を剥がさない方が良いといわれるのです。

術創管理

CDCガイドラインにおいても
「一次的に閉鎖した創は、術後48時間は滅菌したドレッシング材で被覆する」と定められています。

 

一般的に、術創は「清潔創」或いは「準清潔創」です。

 

ですから、ドレッシング材によって被覆され、
術創が閉鎖される環境下にある術後48時間以内に創部の感染が生じることはありません。

 

つまり、創が閉鎖する48時間以内でドレッシング材を剥がすと、感染のリスクが高まります。

 

ですから、出血が多い場合や、滲出液が多い場合で、
やむを得ずドレッシング材を剥がさなければならないときは、
無菌操作を遵守して感染予防に努めることが大切ですし、
通常は手術室で貼付されたドレッシング材は剥がしてはいけないとされています。

術創管理のポイント・まとめ

  • 術後48時間までは湿潤環境の保持のため、創をドレッシング材で閉鎖します。
  • 出血の増加、多量の滲出液がある場合のみドレッシング材を交換しますが、術後48時間以内に剥がす場合は、無菌的操作を遵守し、感染予防に十分注意を払います。
  • 少量の出血であれば、術創のドレッシング材は、感染予防や湿潤環境保持の観点から剥がさないほうが良いです。