ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

体圧分散寝具の素材と特徴

エアマットレス>
エアマットレスは、マット内圧を調整することにより患者さんそれぞれの体圧に応じたエアが調節できます。

圧切り替え型のマットレスでは、時間によって接触部位のマット内圧を調整することもできますし、
層構造や厚みのあるマットレスでは、頭側挙上でも尾骨部や仙骨部の体圧を低圧に保持することができます。

 

厚みのあるマットレスは、頻繁に体位交換することが難しい患者さんや、
拘縮や骨突出のある患者さん、頭側挙上を行うことが多い患者さんに適しています。

 

ただ、マット内圧を調整する必要があることや、厚みがあるマットレスだと
沈み込むことに不安定感を感じるなどの不便さがあります。
また、マットの破損やエア調節ポンプの破損に対する点検が必要ですし、
発汗が多い患者さんの使用によりむれることもあります。

ウレタンフォーム
身体の凹凸に沿って沈みこみやすいため順応性が高いマットで、

マットの調節も必要がないため簡便に使用することができます。

 

自力で体位変換をすることが可能な患者さんに対しては、
薄めのタイプを使用すると自立を妨げることがありませんし、
少しの振動でも痛みや苦痛を感じる患者さんにも適する素材です。

 

ただ、年月の経過や使用頻度によりマットレス自体のへたりが生じますし、
カバーが無いものは水に弱いという欠点があります。
また、厚みのあるマットでは、体圧分散効果が高い反面、
沈み込みやすいので自力で動きにくくなることもありますし、
患者さんの身体に合わせた体圧の調節は不可能です。

ゴム・ゲルマットレス
マットの調節の必要が無いため簡便に利用することができ、

水に強く清潔を保って使用することが出来ます。

 

比較的厚みが少ないので、沈み込みに不快感のある患者さんに適しています。

 

ただ、素材に熱がこもりにくいので、使用開始時は冷たく感じることもありますし、
ゲルの場合は、使用年月によってゲルの減少が起きる欠点があります。

ウォーターマットレス
水の量を調節することで、患者さんの身体に合わせることができ、

頭側挙上時にも水が自在に動きズレが少ないマットです。

 

部分的にウォーターが使用されているものは、
頭側挙上の保持が必要な患者さんに適します。

 

ただ、水の量の調節やメンテナンスが必要なこと、
浮遊による不安定感を感じる患者さんが多いこと、
マットレスが非常に重いので移動しにくいなどの欠点があります。

ハイブリッド>
素材の組み合わせによって選択の幅が広がるマットレスです。

2種類以上の素材を組み合わせることができ、それぞれの素材のメリットを生かした体圧分散寝具ができます。