ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

がん化学療法

がん化学療法は、薬剤がガンが細胞分裂する過程に働きかけることで、
細胞の増殖を防ぐものです。
ガンの病巣を完全に破壊して完治を目指して化学療法を行うほか、
手術前に投与し病巣を収縮して切除しやすくしたり、
術後の転移や再発を防ぐ目的で行われます。

 

ガンの治療には、手術や放射線療法がありますが、
手術の対象にならない白血病や悪性リンパ腫などは、ガン化学療法が第一の治療選択になります。

 

そして、抗がん剤の多くは、正常な細胞へも攻撃をしかけるので強い副作用となって患者さんに現れます。

 

かん化学療法開始の際には、副作用に関することを含め患者さんに十分な説明をすることが必要ですし、
看護師自身が、抗がん薬曝露から身を守る事も必要です。

がん化学療法を始める時の患者さんへの説明

がん化学寮保を始める時には、患者さんの理解度などをアセスメントし、
段階的に説明することが大切です。

 

患者さんに提供しなければならない情報は、
治療内容、スケジュール、副作用とその対処法、日常生活の注意点などとてもたくさんあります。

 

ですから、患者さんの心理状態や理解度、情報ニーズを適切にアセスメントし、
段階的に説明していくことが重要です。

 

心理状態・情報ニーズに合わせて段階的に説明する
がん化学療法を受ける患者さんの中には、

治療前に最も否定的な感情やストレスを感じている人が多くいます。
ですが、治療に関する情報提供をすることによって、
ストレスを緩和させることができます。

 

がん化学療法を受ける患者さんが必要としている情報はたくさんあり、
一度に整理し、理解し、記憶することが難しい事も多いため、
多くの施設ではパンフレットや、患者さん用のクリティカルパスなどを作成し、
患者さんに提供しています。

 

ですが、病名や病期、投与剤について、生じうるすべての副作用などに関する
医師によるがん化学療法の開始前の説明は患者さんにとっては脅威となるものもあります
(副作用の不安、1%の治療関連死などの情報など)から、
多くの患者さんは動揺し、不安を感じます。

 

そして、不安が強い患者さんは、一度に多くの情報を整理し、理解することが難しいため、
患者さんの心理にあわせた説明が重要です。

 

段階的に説明する方法としては、治療スケジュールに合わせて、
必要最小限の情報を少しずつ提供したり、
患者さんが不安に思っていることや関心があることに対して
説明していくという方法があります。

 

「抗がん剤で死んでしまうのではないか。」
「今までのような生活ができなくなるのではないか。」
と言う不安に対しては、
「医師は、起こりうるすべての副作用をすべて挙げているので、
みんなに起こりうるわけではないこと」、
「副作用や日常生活の支障は最小限に抑えることが出来るように、
支持療法を十分に行うこと」を説明します。

 

また、「治療の予定や入院の期間」、
「受診日や副作用が出たときの行動制限はあるけれど、
副作用をコントロールしながら仕事や家事をして治療している患者さんがいること」
など、実際の患者さんの例を挙げたり、治療開始後の見通しを説明すると、
不安を軽減することができます。

 

そして、患者さんが不安に思ったときなどには、
クリティカルパスなどを確認し、看護師から受けた説明と併せることで理解が深められます。

 

理解が深められることで、不安も軽減されるでしょう。

がん化学療法を受ける患者さんが必要とする情報

  • 自分が受ける化学療法の薬剤名とその特徴
  • 起こりうる副作用、副作用の出現時間、副作用が出た場合の対処法
  • 自分の病状や治療の効果、今後の見通し
  • 日常生活上で注意しなければいけないこと: 食事、仕事、家事、活動、避妊など
  • 受診のタイミング
  • 気持ちのコントロール方法

セルフケアの必要性

がん化学療法は、数ヶ月〜長期にわたって行われます。
ですから、患者さんが主体的に治療に取り組むことが必要で、
セルフケアも必要です。

 

セルフケアとは「自分で体調の変化に気付き対処すること」で、
「自分の体調の変化などを的確に医療者に報告することが
QOLを維持した生活のためにに必要である」と言うことを患者さんに十分に説明し、
理解を促す事も重要です。

 

疑問や不安、気がかりなことがあれば、
いつでも相談に乗れることや、継続してサポートしていくことを伝えることで、
患者さんが抱えている問題を早期に発見できたり、
対処したりするこことがスムーズになります。