ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

副作用に関する患者さんへの教育

副作用に関する患者さんへの教育は、各プロセスや対処形態に合わせて行っていくことが大切です。

 

患者さんそれぞれによって病期や治療に対する受け止め方は異なり、
不安の大きさも異なります。

 

患者さんや、患者さんの家族が治療や副作用についてどのように受け止めているかをアセスメントし、
がん化学療法を行うことによって起こりうる副作用発現時期の予測性を考え、
化学療法前、化学療法実施中、化学療法後のプロセスや形態にあった教育をすることが必要です。

がん化学治療による副作用を予測する

がん化学治療出、患者さんが最も不安に思っていることの一つに
「副作用」があります。

 

副作用が発現することにより、
「今までと同じような日常生活を送ることができなくなるのではないか?」
と言う不安は常に感じていることです。

 

実際、副作用によりQOLが低下し、抗がん薬治療が継続できなくなる患者さんもいます。

 

QOLとは、quality of lifeの略で、患者さん一人ひとりの人生の内容の質、社会的にみた生活の質のkとです。
人間らしい生活、自分らしい生活を送ること、人生に幸福を見出すことができるように
手助けをしていくことが看護の現場でも求められています。

 

抗がん薬治療を完遂するためには、根拠のある十分な副作用対策を行うことが必須で、
回避できる副作用については回避することが大切ですし、
回避できない副作用については、症状を軽減することができるよう
根拠のある対処法を指導し、実施していくことが必要です。

 

患者さんへの副作用に関する教育を行う時には、
まず副作用を予測することが大切です。
ですが、すべての薬剤の副作用を把握し、
患者指導を行うのは日常の臨床現場では難しいものがあります。

 

そこでポイントを抑えた患者指導をします。

 

副作用に関する患者指導のポイント
  1. 薬剤それぞれの特徴的な副作用に関する知識を得て理解を深める。
  2. 化学療法前であるのか、化学療法実施中であるのか、化学療法後なのかなど、患者さんが現在どの時期にいるのかを把握し、患者さんそれぞれの不安や思いを検証する。
  3. それぞれの患者さんの対処形態にあった症状管理やセルフケアができるよう、どの時期にどのような患者教育を行うべきなのかを見極める。

治療・副作用を受け止めプロセス・対処形態にあった教育をする

患者さんによって治療や副作用を受け止めるプロセスは様々です。

 

不安や苦悩が強く、自分が直面している問題に目を向けられない患者さんもいますし、
医療者にひたすら「身をゆだねよう」としている人もいます。
また、情報をたくさん集めて問題解決に尽力し、自分が置かれている状況に適応使用としている人もいるでしょう。

 

このように、患者さんの対処形態はまちまちですから、
看護師が、患者さんの気持ちやものの見方、対処形態に注目して
それに合った患者教育をしていくことが重要です。

 

例えば、不安の強い時期や気持ちが混乱している時などに副作用の状況を提供する患者教育を行っても
情報を受け止めることができず、情報を把握することができませんし、理解することができません。
それだけでなく、さらに不安な気持ちをただ煽るだけの結果になる事も考えられます。

 

このような場合には、多くの情報を提供することは避け、
患者さんがどのくらいの情報を欲しているかを確認しながら段階的な情報提供が必要です。

 

がん化学療法の治療は、数ヶ月〜長期に及びます。
副作用による苦痛によって、肉体的、そして精神的にもダメージを受け、
適応障害や抑うつを発症する事もあります。

 

治療や副作用に対する不安は、化学療法導入前に最も強いことが考えられ、
実際にも導入前に不安を感じている患者さんが多いのですが、
化学治療実施中も初めて体験する脱毛など、ボディイメージを変容させてしまう副作用や、
不快感を伴う副作用によって、不安がさらに増強する事もあります。

 

ですから、どの時期に患者教育を行うべきかのみを考えるのではなく、
化学療法開始前から化学療法終了後に至るまで、
患者さんの不安な気持ちや、心理状態の変化、身体的な苦痛を観察し、検証しながら
患者さんそれぞれにあった教育が必要です。

 

さらに、がん化学療法に対する薬剤に対する不安は、副作用だけではありません。

 

多剤併用すれば、相乗効果や感染症を併発するリスクに対する注意を払う事も必要ですし、
緊急時の連絡方法や相談などにも応じることが出来るように指導をすることも必要です。

有効性と有害性のバランスを考慮して説明する

がん化学療法は、新薬として分子標的治療薬などが登場するなど、治療は多岐にわたって進歩しています。

 

ですが、副作用も多様化している現状があり、セツキシマプなどで見られる皮膚障害などがその例です。

 

日常の臨床現場では、対処療法として患者さんに
悪心・嘔吐に対する制吐薬の使用や皮膚障害が起きた場合の
ステロイド外用薬の治療による整備されたアルゴリズムが情報提供されています。

 

ですが、支持療法として使用する薬剤には、その効果が認められますが、
同時にその薬剤そのものの副作用が発症する可能性がある事も患者さんに情報提供することが必要です。

 

例えば、制吐薬である5-HT3受容体拮抗薬には、副作用として『便秘』があるなど、
有効性と有害性とのバランスを考えて説明することも大切です。

副作用の発現時期と症状

急性(投与直後・投与中、投与後数日・数週間、数日または週単位で発現する)
血管外漏出、血管痛、アナフィラキシー症状、食欲不振、悪心・嘔吐、

骨髄抑制(白血球減少、好中球減少、血小板減少)、下痢、便秘、倦怠感、
口内炎、脱毛、筋肉痛、関節痛、皮膚障害(挫傷様皮疹、皮膚乾燥、亀裂、爪囲炎)、
手足症候群、腎障害(シスプラチン投与時)

遅延性(月・年単位で発現する)
末梢神経障害(オキサリプラチン投与時)、末梢神経障害(パクリタキセル投与時)、

間質性肺炎、心毒性、眼障害、腎機能障害、肝機能障害、高血圧(ペパシズマプ投与時)