ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

「死」を口にする患者さんへのケア

「死」を口にする患者さんへのケアは、まず、話をさえぎらず、共感してあげることが大切です。
また、励ましすぎてもいけません。
さらに、ご家族へのケアも大切です。
がん患者さんの家族の場合、家族のほうがうつ病になってしまう事も多いのです。

 

さて、患者さんが「死」を口にする場面は、
@ 自分の死について「語る」場面
A 自分が「死にたい」と希死念慮を訴える場面があります。

 

どちらの場合も、基本は患者さんの声に耳を傾け、
「死」と言う言葉の奥にある患者さんの真の声に関心を向け、
理解しようとする対応が大切です。

死を口にする患者さんが求めているもの

看護師の仕事をしていると、患者さんと直接関わる機会が多く、
家族にもいうことが出来ないような話をする患者さんや
「死」を口にする患者さんも多くいます。

 

「自分はいつまで生きられるのか。」
「死んだらどうなるのか。」
「死にたい。」
「楽にして欲しい。」

 

患者さんの口から出てくる「死」についての心理は様々です。
そして、看護師の多くは、倫理や死生、人生観などから強いジレンマに苛まれることが多く、
どのように対応すべきか、患者さんに対して自分が何をすることができるのか思い悩みます。

 

患者さんが死を口にする場面には、
「自分はいつまで生きることができるのか?」と言うような、
自分の死について語る場面と、
「もう死にたい、楽になりたい。」というような希死念慮を訴える場面があります。

 

患者さんが「死」を口にするとき、看護師に対して何を求めているのか、
その思いに看護師としてどのように対応すればよいのか、考えなければなりませんね。

自分の死について「語る」患者さんへの対応のしかた

患者さんが自分の死が近いことを受け止めていても、
患者さんが死に付いて話すことに対してどのように受け答えれば良いのか分らず、
戸惑いを感じたり不安を感じることがたくさんあります。

 

患者さんが「死」について「語る」意味とは
患者さんにとって、死について話し合うことは現実と向き合うことでもあります。

 

普通健康な人が死に付いて話し合う時は、
死についての自分の感情や考え方を見つめる時です。
そして、他者との話し合いの過程の中で、
漠然とした死から自分自身の死について考える一つのきっかけとなったりします。

 

これに対して、患者さんが死に対して話す時には、
現実と向き合うことですから、
話し合うタイミングを見極めることも大切です。

 

そして、タイミングとしては、
患者さんが死について語る時は、
「今後どのように過ごしていきたいのか」、
「家族にしてあげられることは何か」などの思いを整理することにも繋がるので、
患者さんが死について口にしたときこそが、適切なタイミングであるといえます。


患者さんが死について「語る」ときに求めるもの
例えば、「私は来年まで生きることは無理でしょ?」などと言う言葉で

患者さんが「死」について口にしたとき、
その問いが意味することは、「そうですね。」「そんなことはありません。」など
答えを求めているわけではないと思います。

 

死と向き合っている自分を受け止めてほしい、話を聞いてほしいと言う願いから、
そういった言葉が出てくるのではないかと私は考えます。

 

ですが、看護師は、患者さんに対して何かを話さなくてはいけないと一生懸命になり、
何も話すことができない自分に無力さを感じたりしてしまうのですが、
大切なことは「患者さんの話を聴くこと」ですから、
話しかけることができなくても大丈夫です。
ただ、患者さんの声に耳を傾け、
「死」と言う言葉の中にある患者さんの「思い」を理解することができるよう努力することが大切です。

 

患者さんが死について語るときには、
それほど遠くない未来に訪れるであろう死に対する準備がしたい、
話したい、死と向き合う自分を受け止めて欲しいというサインであると踏まえ、
死の話題を避けることなく傾聴することが大切です。

「死にたい」と訴える患者さんへの対応

進行がん、終末期がんの患者さんの10〜20%に「死にたい」と言う希死念慮がみられるそうです。

 

ですが、その希死念慮を訴える患者さんのすべてが本当に心のそこから死にたいと思っているわけではありません。

 

死にたいと表現する背景
患者さんが「死にたい」と訴える時は、

自分の辛さを判って欲しい場合や、生きたいという逆説的表現、
また、不安や苦痛、悲嘆などの表現であるということを理解しなければなりません。

 

また、強い痛み、うつ状態、家族からの社会的支援の乏しさなども
「死にたい」と言う希死念慮へと繋がります。

 

ですから、この言葉の背景にある苦痛を把握し、
それぞれの患者さんに応じた援助をすることが大切です。

死にたいと訴える患者さんに応じた援助とは
・痛みなど身体症状の緩和

・死にたいという患者さんの感情への共感
「これだけ辛い症状が続いていると、そんな気持ちにもなりますね。」
「死にたいと感じるくらい辛いのですね。」などの言葉かけ。
・そばにいる、傾聴を認識した対応
・死にたいという言葉の意味、その言葉を発した理由の探索
・生きる意味を見出すことができる人とのつながりの強化を図る
・心理的支援の専門家との協議をするなど精神状態の観察と治療

「死にたい」と訴える患者さんとのコミュニケーションの方法
死にたいという希死念慮を訴える患者さんの背景にある苦痛を探索するためには、

患者さんとのコミュニケーションが大切です。

 

最も大切なのは「避ける」ことではありません。
患者さんの「死にたい」と言う訴えに共感し、向き合う姿勢を示すことが重要です。

死にたいと訴える患者さんとのコミュニケーション
  1. 患者さんへの安易な励まし、説明、説得、医療者の価値観を患者さんに押し付けても解決にはなりません。

    逆に、患者さんの心を閉ざしてしまうことにもなりかねません。
    「死にたいなんていわずに頑張りましょう。」や「家族のことを考えてください。」、
    「命を粗末にしてはいけません。」などという言葉は、逆効果です。
    「死んでしまいたいと仰いましたが、よろしかったらもう少しお話いただけませんか?」
    「心配なことがたくさんあるのですね、今一番心配なことをお話いただけませんか?」
    「今一番辛く感じていらっしゃることをお聞きしてもよろしいですか?」
    と言うような話しかけをし、患者さんが心を開くきっかけを作りたいものです。

  2. 死についての話し合いを避けてはいけません。

    話し合いを避けること自体が、患者さんの苦悩を深めてしまいます。

  3. 患者さんが、死についての話を持ち出してくるのは、その医療スタッフを信頼しているからです。

    患者さんは「死」に対しての話を、たまたま、或いは偶然的に話したりはしません。

  4. 死にたいという言葉を受け取った医療スタッフは、患者さんの苦痛を適切に受け止めなければなりません。

    そして、その医療スタッフは、ケアに結び付けていく上での最後のゲートキーパーになり得ます。