ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

摂食・嚥下障害ケア

嚥下障害とは、水分や食べ物を口の中にいれ、
咽頭から食道、胃へと送り込む過程の中で、機能がうまくいかなくなることを言います。

 

嚥下障害が起きると、低栄養や脱水、肺炎などの病気を発症したり、
食べられないということは精神的にもとても辛い状況になります。

 

看護師は、誤嚥のリスクのある患者さんへの食事前の訓練、
食事中にむせてしまった時の対処法、嚥下しやすい体位、食物のとろみのつけ方など
知識を持ってケアすることが必要です。

誤嚥の危険がある患者さんに対してすること

誤嚥のリスクがある患者さんに対しては、
頸部や肩の軽い運動を自動的・他動的に行い、関節可動域の改善をはかるなど、
食事前にできる簡単な訓練をすることが必要です。

最初のひと口で誤嚥しやすい

嚥下障害のある患者さんは、最初のひと口目で誤嚥することが多いです。

 

ですから、最初のひと口は特に大切にして、
食べ始める前には嚥下に関係する筋肉をリラックスさせることができるよう
準備雲土をしたり誤嚥物の喀出をする訓練を行い、誤嚥を回避できるような準備をして
良いスタートがきれるように援助します。

頸部周辺の筋肉の緊張をほぐす

誤嚥を防ぐために、
前頸部に位置する舌骨上筋群や舌骨下筋群などの嚥下関連筋群が有効的に働くよう
「頸部や肩のリラクセーション」を行います。

 

食事の前に、頸部や肩の軽い運動を行って心身の緊張を緩和し、
関節の可動域の改善を図ります。

 

患者さんによって、自動的に行う運動、他動的に行う運動の実施回数を調節します。

 

頸部の他動運動
  1. 頭部を両手で支えて前後に倒します。
  2. 片手で肩を支えてもう一方の手で頭部(側頭部)を支えながら左右に傾けます。
  3. 片手で肩を支え、もう一方の手で下顎を支え、頸部を左右に回します。

この@〜Bを5〜10回ほど繰り返します。

頸部と肩の自動運動
  1. 前後に頭部を倒します。
  2. 左右に頭部を倒します。
  3. 左右に頸部を回します。
  4. 肩を上げ下げします。
  5. 肩を回します。

この@〜Dを5〜10回繰り返します。

嚥下反射が起こりにくい場合のケア

嚥下反応は、機械的(圧)刺激、化学的刺激、温度刺激の相乗効果によって誘発されます。

 

ですから、嚥下反射を誘発する部位に凍らせた綿捧などで刺激を与える「喉のアイスマッサージ」を行うことが有効です。

 

アイスマッサージは、咽頭の知覚の感受性を高め、
嚥下反射を誘発するなど即時効果が期待できます。

 

ですから食事開始の直前に実施することがおススメです。

 

喉のアイスマッサージ
  1. 綿棒を凍らせ、少量の水をつけるます。
  2. 前口蓋弓、軟口蓋、舌根、舌背などの嚥下反射誘発部位を@の綿棒で数回なでます。
  3. 口を閉じて空嚥下(唾を飲み込む)を促します。

この@〜Bを5〜10回繰り返します。

 

口腔内や咽頭が乾燥していると嚥下反射を誘発しにくいので、
口腔ケアをして粘膜を浸潤させておく事も大切です。

むせる、湿性嗄声がある、喉に液体の振動音を聴取する場合のケア

咽頭残留物を除去するために『息こらえ嚥下(声門越え嚥下:spraglottic swallow)」
を訓練として、或いは食事中に行う代償法として行います。

 

この訓練で、嚥下する前に息をこらえることで声門下圧を上昇させて、
声門閉鎖を強化することができます。

 

さらに嚥下した後の呼気によって咽頭に残留した残渣物を吹き飛ばし、
誤嚥を予防する効果も得られます。

 

息こらえ嚥下の方法
  1. 食べ物を口に取り込みます。
  2. 鼻から息を吸い込みます。
  3. 息を止めて(空)嚥下(唾液を飲む)します。
  4. 口から息を吐き出します。

食事中に行う場合は、@〜Cを実施し、
間接訓練として行う場合はA〜Cを実施します。