ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

安全で嚥下しやすい姿勢

誤嚥を防止できる嚥下しやすい姿勢は、
どの程度の支障をきたしているかによって患者さんごとに異なります。

 

誤嚥防止のポイント一つとして重要なのは、頸部を伸展させない姿勢の調整です。

 

嚥下そのものの障害だけでなく、
安静度や離床の進み具合、座位が可能なのか、ベッド上なのかなど
ADLによる自立度も関係します。

 

基本的に患者さんが食べやすく、嚥下しやすい安全な姿勢を選択する事が重要です。

椅子や車椅子に座って食べることができる場合

患者さんが椅子や車椅子に座って食べることができる場合は、
誤嚥の危険性を減少させる目的で、頸部が前屈するように姿勢を整えます。

 

頸部が伸展する姿勢は、気道確保の体位なので、誤嚥しやすくなります。

 

また、喉頭を挙上する嚥下関連筋群が伸張位になるので、
嚥下する時の喉頭の挙上が難しくなります。

 

個人差がありますが、座位で頸部を全屈して前方に突出すると
気道の入口は狭い状態のままになります。
そして、咽頭腔や梨状窩、喉頭蓋谷が広がって、
食べ物が咽頭から食道へと通過しやすくなります。

 

また、体幹が傾き不安定な状態ですと、
食べ物を食器からすくって口まで運ぶ動作が難しくなります。
座位で食事をするときにのポジショニングはとても大切です。

 

椅子・車椅子での摂食姿勢のポイント
  1. 頭部は前屈
  2. 股関節は屈曲
  3. 膝関節はやや引き気味に屈曲
  4. 椅子には深く座る
  5. 膝下の高さに合わせてフットレスを上げ、足底は床につけて体幹が安定する姿勢を整える

背骨が曲がって円背が強い患者さんの場合は、
椅子に深く腰をかけて正面を向くと頸部が伸展し、
食べ物が気道に入りやすくなってしまいます。
そうならないようにするために、背もたれの高い椅子を使用し、
骨盤をやや後傾にさせ、体幹を後ろに倒すことで頸部が自然に前屈するようにします。

 

椅子の背もたれと腰から殿部にかけてできる隙間に、
バスタオルや小枕を挟むと姿勢が安定します。

ベッドで食べる場合

解剖的に見ると、座位では気管と食道の位置関係は前後です。
ですが、30〜60°仰臥位になると気管と食道の位置関係が上下になります。
こうなると重力が作用し、食物は気管に入りにくくなります。
また、30°仰臥位で頸部を前屈すると、咽頭と気道に角度がつき、誤嚥しにくくなります。
ですが、30°仰臥位では、食卓の器の中が見えません。
ですから食事は介助での摂取になります。

 

舌の動きが悪いなど、飲食物を口腔内に保持する機能が低下している患者さんの場合は、
咽頭に食塊が流れ込みやすく誤嚥の危険が高くなります。
ですから、嚥下機能に応じた注意が必要ですし、ケアが大切です。

 

食後30分以上は、胃食道逆流症を予防するために、
上体を起こした姿勢でいるのが望ましく、
腹部に力が入り腹圧が上昇すると、胃液が混ざった食べ物が逆流する可能性があるので
食事の姿勢に注意が必要です。

 

また、食後に嘔吐反射を誘発するような吸引などの刺激や訓練も
なるべく控えるようにします。

 

食事の自立はとても大切なので、自力摂取を促したい時には、
30°仰臥位でもお盆の下に器の蓋やタオルなどを置くことで御膳に角度がつき
食卓がみやすくなります。

 

60°仰臥位になると、器の中が見えるようになるので、
自力での摂取が可能です。

 

ベッド上での摂食姿勢
  1. 頸部は前屈
  2. 股関節と膝関節は軽く屈曲させ腹部の緊張を抑える
  3. 足底はクッションにつけて姿勢反射を利用
  4. 過度な緊張を防ぎ身体を安定させる
  5. 上肢を屈曲させて、方や上肢が後ろに引かれ身体が後に伸展するのを防ぐ
  6. 臀部はベッドのリクライニングの傾斜に合わせる(リクライニングポイントに臀部をおく)