ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

中心静脈カテーテル挿入中の清潔

中心静脈カテーテルの挿入中は、感染が起こりやすいため、
常に清潔にしておくことが望ましいとされています。

 

ですから、中心静脈カテーテル挿入中であっても、
皮膚をなるべく清潔に保つことが必要なので、
可能な限り患者さんに入浴をしてもらいシャワー浴をしてもらいます。

 

ですが、カテーテル内への水の浸入を防止しなければなりません。

 

そのため、「カテーテルやカテーテル挿入部を水に浸してはいけない」と、
CDCガイドラインでは規定され、
「カテーテル内への菌の侵入を防止するための措置をした場合は水をかけても差し支えない」
と言うように、水の侵入防止処置をすることでシャワーなどをしても良いとされています。

 

中心静脈カテーテルを挿入している患者さんは、
輸液ルートや輸液ポンプなどを外した方が入浴したりシャワーがしやすいのですが、
接続部を外すことによって感染のリスクが高まります。
できれば外さずに入浴やシャワー浴ができるように挿入部やカテーテルの防水対策を行い、
接続部を外す場合は、生食ロック・ヘパリンロックを実施します。

輸液ルートを接続したままの状態で入浴やシャワー浴をする場合

  1. 挿入部を直接水に触れないように、ドレープ(被覆材)やビニールで保護し、周囲を防水性のテープで固定し、隙間から水が入らないようにします。
  2. カテーテルの接続部のゆるみがないことを確認し、接続部にドレープ(被覆材)やビニールやラップなどの防水性のカバーで覆うとより安心です。

接続部を外して、入浴やシャワー浴をする場合

  1. 挿入部を直接水に触れないように、ドレープ(被覆材)やビニールで保護し、周囲を防水性のテープで固定し、隙間から水が入らないようにします。
  2. 清潔操作で接続部を外します。
  3. 生理食塩水またはヘパリンナトリウム製剤を、静脈内留置カテーテル内腔に充填されるまで注入します。

    血液凝固異常がある患者さんの場合は、ヘパリンロックは行うことができません。
    生食ロック・ヘパリンロックを確実に行ったら、カテーテル全体を小さくまとめてドレープ(被覆材)やビニールやラップなどの防水性のカバーで保護します。

「接続したままの状態」「接続部を外した状態」どちらの場合も、患者さんにとって自由が聞かず負担になるので、入浴の手助けが必要な場合や、初めての入浴の際には、スムーズにできるようにお手伝いしてあげてください。