ブランクのある看護師のための看護技術とケアの復習【復職セミナー前に】

フラッシュはヘパリンロックと生理食塩液のどちらが良い?

「ヘパリンロックと生理食塩液でのフラッシュはどちらが良いのか?」と言うことに関して様々な見解がありますが、
「患者さんの状況に合わせて各施設で検討すること」とされています。

 

副作用の問題や経済的な問題などによって、ヘパリンロック(ヘパロック)について疑問視されています。

 

末梢静脈輸液ラインの開存性を保つためには、
生理食塩液でのフラッシュ(生食ロック)で充分であるという報告が多くあることから、
国内では生食ロックを行う施設が多くなっています。

ヘパリンロックが行われる理由

臨床現場では、間欠的に抗菌薬などの薬剤を一日に数回投与する場合があります。
このような場合、ルートがつまらないようにするために24時間生理食塩液などの薬液を
一定のスピードで点滴することがあります。

 

患者さんは一日中点滴チューブに繋がれたままで行動制限を受けるため、
多大な苦痛を生じます。

 

また、簡潔的な薬物投与のために、その都度針をさすのも患者さんにとって苦痛です。
まして血管確保が困難な患者さんにとって、その都度針を何度もさされることになるため、
その苦痛は想像を絶するものです。

 

このようなことから、患者さんの苦痛を少しでも軽減させることを目的として考案されたのが「ヘパロック」です。

 

点滴の終了後に抗凝固薬であるヘパリンを使用し、
点滴留置針内の血液凝固を防ぐ方法が「ヘパロック」です。
ヘパロックすることによって、血液凝固のリスクが減少し、
針の刺しなおしの回数が随分抑えられるようになるなど、
1970年代頃から有用性が報告されるようになり、
現在でも医療現場で行われています。

 

ヘパロックが普及したことにより、頻繁に針を刺される苦痛から患者さんは解放されるようになりました。
また、点滴を休止する時には、チューブに繋がれた状態から開放され、自由に活動することができるなど
患者さんの負担は大きく軽減し、QOL(クオリティーオブライフ・生活の質)につながっています。

生理食塩液ロックへの変更

ヘパロックは1970年代ごろから広く行われてきました。
ですが1996年のCDCガイドラインで、
「生食ロックは末梢カテーテルを開存させ、静脈炎を減少させるのにヘパリンを使用した場合と同じ効果がある。」
また、「ヘパリンはkテーテル上のコアグラーゼ陰性ブドウ球菌の増殖を助ける」と報告されました。

 

さらに、ヘパリンの使用による出血やHIT(ヘパリン起因性血小板減少症)、感染などの副作用にも着目されるようになりました。

 

このようなことが背景となってヘパロックは生食ロックに変更されるようになってきました。

ヘパロックと生食ロックのどちらが有効か

ヘパロックと生食ロックのどちらが有効かと言うことに関しては、
どちらが良いのか結論がでていません。

 

開存性(点滴ルートが詰まらないようにすること)や感染に関して、
ヘパロックと生食ロックは検討方法が異なります。

 

研究においても、一概に比較することができないことが指摘され、
CDCガイドライン(2002年改定)では、
生食ロックの有用性を示す一文が削除されています。

 

ですが、生食ロックには大きな副作用はありませんが、
ヘパリンロックでは副作用に関する問題が指摘されています。
安易にヘパロックを行いカテーテルを留置しておくことは望ましいことではありません。
生食ロックであっても、カテーテルの留置しておくことが望ましいかと言うとそうでもありません。

 

以上のことから、
「ヘパロックと生食ロックのどちらが有効か」と言う問題に関しては、
各施設が患者さんの状態に合わせてヘパロックにするのか、生食ロックにするのかを検討し、
ルートが不要と判断した場合は容易にヘパロックや生食ロックをするのではなく、
迅速に抜居することが重要です。